ぬらりひょんの孫 1〜10

奴良リクオは一見はごく普通の中学生だが、実は彼は妖 怪「ぬらりひょん」の孫で、4分の1妖怪の血を継いでい る。祖父の組「奴良組」の妖怪達と毎日どたばたと付き 合いながら何とか普通の生活を送っている。 幼い頃、祖父から色々と武勇伝を聞かされ、妖怪とはか っこいいものであると思っていた。しかし、ある日友人 との会話から、妖怪が人間から馬鹿にされる悪い存在で あることを知ってしまう。そんな中、妖怪に襲われた友 人達を守るために自身の妖怪の血を覚醒させ、友人達を 救い出す。だが、4分の1しか妖怪の血を継いでいないリ クオは1日の4分の1の時間しか妖怪の姿になれなかった。 そして4年後、中学生になったリクオは人間としての生活 を望んでいたものの、組を統率するために妖怪の世界と 向き合っていくことになる。 【ウィキペディア引用】
ぬらりひょんの孫(1) ぬらりひょんの孫(2) ぬらりひょんの孫(3) ぬらりひょんの孫(4) ぬらりひょんの孫(5)
ぬらりひょんの孫(6) ぬらりひょんの孫(7) ぬらりひょんの孫(8) ぬらりひょんの孫(9) ぬらりひょんの孫(10)

ぬらりひょんの孫 11〜20

妖怪・ホラーマンガの庭トップへ

PR バスタード 萩原一至
【ぬらりひょんの孫 椎橋寛の最新記事】
posted by ライトノベルの庭 at 22:27 | ぬらりひょんの孫 椎橋寛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。